スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buildings vol.27 - Rigsend Library

2014.03.09 (Sun)




048.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



こちらのエントリー に書いた Shelbourne Park Stadium に続いて、アールデコ物件多発地区の Ringsend(リングセンド)からの2軒目。Bridge Street から Irishtown Road のほうへ右折するとすぐ右手にある公立図書館、Ringsend Library です。



Ringsend Library は1935年から1937年にかけてダブリン郊外に作られた4つの公立図書館のうちのひとつで、スコットランド人建築家 Robert S.Lawrie が設計しました。 レンガ造りの平屋建てにテラコッタの瓦、そして美しいアールデコ様式のエントランス。クラシックとモダンが同居するユニークな建物です。そう言えば、ダブリンで瓦ぶきの屋根っていうのも珍しいんじゃないでしょうか?





24.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



エントランスの上部にはゲール語で"leabharlann (library)"という文字と、もうひとつ単語が書いてあるんですが、これがよく分からない。"public"のゲール語読みだろうと思ったら、綴りは似ているけど、どうも違うようだし…。分かる方がいたら教えてください。このシュッとした感じの書体、なかなかオシャレですよね。





25.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



奥へと続く水平のライン、ドアまわりの三角模様、ガラス扉の円形模様と、さまざまなパターンを取り入れたファサードが特徴的。 なお、同時期に造られた Inchicore(インチコア)Library と Drumcondra(ドラムコンドラ)Library も、同じデザインになっています。





(2014.3.9)





トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/573-d837ad14
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。