スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Street Art vol.15 - Don't Be Mean

2014.03.04 (Tue)






DSCN5634.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



シティ・センターの北側を走る運河、Royal Canal 沿いで見かけたペイント。鮮やかな色の魚の絵と共に、"Don't be mean.Keep the canal clean"(意地悪しないで。運河を大切に)のメッセージが。





DSCN5630.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



これは Phibsborough(フィブスボロ)という地域にある第5閘門(Fifth Lock)。以前、こちらのエントリー でも写真をアップしました。この辺りは閘門(こうもん)が小刻みに設置されていて、すぐ奥のほうには第6閘門(Sixth Lock)があります。上のペイントは、第5閘門と第6閘門の中間あたりの壁に描いてありました。





DSCN5641.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



この付近は海沿いから内陸へ向けて長く緩やかな勾配が続いており、その高低差は30メートル近くあります。そのため、わずか1.2キロほどの間に2段組の階段式閘門(こうもん)を5台設置し、船舶のスムーズな運航を可能にしています。



上の写真の第 5閘門は、高低差が5.5メートル。2段の階段式になっているとは言え、各段の深さは2~3メールもあるうえ、周囲には柵も何もありません。 上流から下流へと流れ落ちる水の勢いが激しいので、近くに行って下を覗きこむと、ちょっと怖い。





DSCN5635.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



閘門の部分を過ぎると、水の流れも穏やかに。上流のほうまで少し散歩しようかとも思いましたが、周囲があまりにも無人なので、やめておきました。運河と石塀に挟まれた散歩道なので、万が一のことがあっても逃げ道を確保できない。南のほうの治安のいい場所ならそこまで神経質にはなりませんが、なんせノースサイドなのでね…。





DSCN5637.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2014)



白鳥も優雅に泳いでいます…と言いたいところですが、白鳥って近くで見るとかなり大きいんですよ。水際で佇んでいると、「餌くれ!」とばかりに近寄ってきてガアガアとやかましく鳴くんですが、まるで威嚇されているようで、若干ビビりました。水面と道路の高さがあまり変わらないので、運河からヒョイと出てきて攻撃されたら嫌だなあ…と思って、早々に退散。「日本人観光客、白鳥に襲われ怪我」なんて、あまりにトホホですしね(笑)






(2014.3.4)






トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/572-b832788e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。