スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buildings vol.20 - London & North Western Hotel

2014.01.16 (Thu)




DSCN4569.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)



North Wall Quay に建つ赤レンガの建物。かつてイギリスの鉄道会社、London & North Western Railway(LNWR)が所有し、ホテルとして使っていた建物です。



もともとこの場所には Prince of Wales という名前のホテルが建っていましたが、アイルランド~イギリス間の蒸気船定期便を運航していた LNWR が1883年に買収。旧ホテルを取り壊し、London & North Western Hotel としてリニューアルしました。再建されたのは1884年との事ですが、詳細な記録はあまり残っていないようです。



1948年にイギリスの各鉄道会社が統合され British Railways として国有化された後は British Railway Hotel という名前に改称。North Wall Quay から出航するルートがなくなると、アイルランド国営の運輸公団の管轄となりました。



写真を撮った時(2012年2月)は空きビルになっているようでした。こういう古い建物は外から見ると趣があっていいですが、中は大幅なリフォームが必要な事もあって、借り手を探すのはなかなか難しいようです。





DSCN4568.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)



長方形と半円形の窓が入り乱れていたり、右翼と左翼でちょっとデザインが違ったりもするんですが、全体的にあまり派手さはなくシンプルな印象です。



私がダブリンに通い始めた頃の North Wall Quay は、まだまだ古い建物や倉庫(ほとんどが空きビルや廃屋)が多く残っていて一人で歩くのが怖かったんですが、その後、どんどん再開発が進み、古い建物はあっという間に姿を消してしまいました。



周囲が新しいビルばかりになったせいか、この重厚な赤レンガの建物が異様に目立ちます。すぐ横にある旧 North Wall Railway Station の建物ともども、「次に来る時まで残っているかな~」なんて思いながら眺めています。






(2014.1.16)






トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/530-454fcc57
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。