FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Books vol.5 - ジャガイモを調理する 10 の方法

2012.07.05 (Thu)



DSCN3786_20120703182803.jpg
ⓒ bonovox45



昨日のエントリー で紹介した"Top10リスト"本「Top10 of Ireland」から、さっそくひとつ取り上げたいと思います。アイルランドと言えばやっぱりジャガイモという事で、今日は"ジャガイモの調理方法10種"のページのご紹介。いちおう簡単な説明も付けておきましたが、これは書籍からの翻訳ではありません。


-------------------------------------------------------------------------------------------


"10 Ways With A Potato"
from 「Top10 of Ireland」(by Eoghan Corry)




1. Boxty(ボクスティ)

すりおろしたジャガイモ、小麦粉、重曹、バターなどを混ぜて焼いたパンケーキ。マッシュポテトを混ぜる場合もある。



2. Champ(チャンプ)

マッシュポテトにスカリオン(青ネギ)、バター、ミルクなどを混ぜたもの。



3. Coddle(コドル)

ジャガイモ、ベーコン(もしくはハムやソーセージ)、玉ねぎ、パセリなどをスープ・ストックや水で煮込んだもの。ダブリンの名物料理のひとつ。



4. Colcannon(コルカノン)

マッシュポテトにキャベツ、リーキ、バターなどを混ぜたもの。ハムやベーコンが入る場合もある。



5. Potato Cake(ポテト・ケーキ)

マッシュポテトに小麦粉、重曹、バターなどを混ぜて焼いたパンケーキ。Boxty は生のジャガイモを使うが、Potato Cake はマッシュポテトを使う。



6. Potato Soup(ポテト・スープ)

玉ねぎ、ミルク、バター、チキン or ビーフ・ストックなどと一緒に煮込んだスープ。最後にチーズをトッピングする場合もある。



7. Potato Skins(ポテト・スキン)

ジャガイモを縦半分にカットして焼き、中身をくり抜いたところへチーズやベーコンなどを乗せ、もう一度、軽く焼いたもの。サワークリームをトッピングして食べる。



8. Shepherd's Pie(シェパーズ・パイ)

ラム or ビーフのミンチと玉ねぎ・人参などを炒め、マッシュポテトで蓋をしてオーブンで焼いたもの。



9. Traditional Mash(トラディショナル・マッシュ)

ジャガイモを茹でてマッシャーで潰し、牛乳・バター・塩・胡椒などを加えて好みの堅さになるまで練る。



10. Traditional Roast(トラディショナル・ロースト)

切ったジャガイモを軽く茹で、ローズマリー、オリーブオイルをふりかけオーブンに入れ、カリッと焼きあげる。


-------------------------------------------------------------------------------------------


アイルランドのジャガイモ料理は、難しいこと言わないからいいです。シンプルな材料、シンプルな作り方、シンプルな味で、誰でも簡単に作れるのが嬉しい。上の料理のレシピも多種多様。使う野菜や肉、マッシュポテトの硬さまで、その人ならではのこだわりが出ておもしろいです。日本の代表的ジャガイモ料理「ポテトサラダ」も、作り手によってずいぶん変わってきますもんね。



最後にジャガイモにまつわる思い出をひとつ。昔、インヴァネス(スコットランド)のユースホステルに滞在していた時のこと。キッチンで皮を剥いたジャガイモを水から茹でていたら、そばにいたオヤジに「おいおい、皮を剥いちゃだめだよ。ジャガイモは皮ごと茹でなくちゃ」と教えてもらった事があります。日本だと「粉ふき芋」というメニューがあるから皮を剥いて茹でるのも割と普通ですけど、オヤジの「マジかよ、皮剥いてるぜ?」と言わんばかりの表情に「やっぱりこっちの人は、芋にはうるさいのね…」と思った記憶が。





(2012.7.5)





トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/526-cb2515bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。