スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

James Joyce vol.8 - Happy Bloom's Day

2012.06.16 (Sat)





james_joyce.jpg
Bloom's Day 2004 in Google Doodle



本日6月16日は Bloom's Day。遺族により著作権が厳しく管理されていたジェイムズ・ジョイスも去年で没後70年を迎え、著作権が失効。パブリック・ドメインとなりました。上の Google ホリデー・ロゴは2004年のBloom's Dayで使われたもの。



----------------------------------------------------------------------------------------------


※ブルームズ・デイ(Bloom's Day)

「ユリシーズ」の主人公、レオポルド・ブルームが、ダブリンを歩きまわった日が6月16日。
ジョイス関連のイベントが多く催される。


----------------------------------------------------------------------------------------------



下の写真は今年2月2日付けの Irish Times の付録。ジョイスの著作権失効を受け、22ページにわたる特集記事が組まれました。ジョイスの母校である UCD(ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン)との共同監修らしいです。




DSCN4612_2014020820165882d.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)



パブリック・ドメインになった事で、これからはネット上でも気軽にジョイスが読めるのかなと期待しています。あと、もしかしてこれからはお土産物にもジョイスの写真や「ユリシーズ」の文字が堂々と使えるようになる…という事なんでしょうか? 「ユリシーズ」初版本を模した缶に入ったレモン石鹸型のクッキーとかね (笑)





DSCN4484_20140208201653373.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2012)



こちらは St.Stephen's Green にあるジョイスの銅像。ダブリンにあるジョイスの銅像は Earl Street North にあるステッキを持った全身像が有名ですが、St.Stephen's Green にもひっそり置いてあります。





DSCN4487_20140208201656d6a.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2012)



上のジョイスの銅像と向かい合うようにして置かれている、このベンチ。背もたれの所に銘板が埋め込まれているんですが、拡大してみると…





DSCN4486_2014020820165487b.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2012)



ジェイムズ・ジョイスおよび、父親のジョン・スタニスロース・ジョイスに捧げられた、メモリアル・ベンチ。「第5回ジェイムズ・ジョイス・シンポジウム」による寄付のようです。



この銅像とメモリアル・ベンチは、St.Stephen's Green の南側の小路に設置されているんですが、そのすぐ南側にはジョイスの母校、UCD(ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン)の校舎として使われていたニューマン・ハウス( Newman House) があります。





DSCN4488_2014020820165711e.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2012)



こちらが St. Stephen’s Green No.85とNo.86に建つニューマン・ハウス。ジョイスが4年間、学生として通った建物です。石造りの2つの建物と Victorian hall という建物の3つがセットで「ニューマン・ハウス」と呼ばれていますが、もともとはそれぞれ独立した建物で建設も別々に行われています。



向かって左の背の低いほうが1738年に建てられたNo.85。背の大きなNo.86のほうは1765年の建築です。まだ中には入った事がないんですが、素晴らしい漆喰装飾があるそうなので、いつか見学してみたい。




(2012.6.16)





トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/512-63664cbf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。