スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monuments vol.11 - No.16 Moore Street

2012.04.29 (Sun)




今日、4月29日はイースター蜂起の実質的な最終日。パトリック・ピアースが無条件降伏を決めた日です。以前、こちらのエントリーで「イースター蜂起降伏の地」に関して少し書いたので、今日は追加の写真だけ。以前撮ってこなかったムーア・ストリート16番地の建物とプレートです。





DSCN3843_20140208192728e24.jpg
ⓒ bonovox45 (January,2012)



「PLUNKET」の看板が目立つこの家が、ピアースが降伏を決めたムーア・ストリート16番地の建物。念のために書いておくと、ジョゼフ・プランケットの綴りは「Joseph Plunkett」。看板は「T」の字が1個取れちゃってますね…。



-----------------------------------------------------------------------------------------------


※ ジョゼフ・プランケット(Joseph Plunkett)


イースター蜂起のリーダーの一人。蜂起の失敗後、キルメイナム刑務所で5月4日に射殺された。処刑の直前に刑務所内で結婚したグレイス・ギフォードとの悲恋は、フォークソング「Grace」でも歌われている。


-----------------------------------------------------------------------------------------------



無題
ⓒ bonovox45 (January,2012)


建物についている記念のプレート。意外と小さかった。






YouTube はダブリナーズのジム・マッキャンが歌う「Grace」。









(2012.4.29)





トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/475-57cd76dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。