FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしきチップスの世界 #01  " Ezio's "

2012.05.21 (Mon)



仕事やら何やらで忙しいので、こういう時のために取っておいた手抜きエントリーを、しばらく続けようかと思います。題して 「 素晴らしきチップスの世界 」 。






とにかく悲しいほどド貧乏旅行者なワタシ。手っ取り早く、かつ安あがりにエネルギーを補給するため、しょっちゅうチップスを買って食べています。でも、買う場所はだいたい、いつも同じトコ。このブログでも何度か書いている、フィッシュ&チップスの老舗 「 Leo Burdock 」 です。






ホステルから徒歩 30 秒で着くので、なんとなくいつも 「 Leo Burdock 」 に行ってしまうんですが、それじゃあちょっとつまらないので、今年はあえて、いろんな店でチップスを食べてみようと決心。そんな事が許される年齢ではないのは重々、承知のうえ 「 一日一チップス 」 を目標に ( 本当に ) 無駄に頑張ってみました。






3 日目くらいで早くも 「 もう食べてはいけない。いくらなんでも体が可哀そうだ … 」 と思いましたが、けっこう楽しんでいる自分もいて、なかなかやめられず … 。グルメではないので高級レストランにはまったく興味ないんですが、チッパー巡りはすごく楽しかったです。
( まだ血管が詰まってなかったら ) 来年も続けてみようかな (笑)











DSCN4589_20120223021616.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)






一軒目、Amiens Street にある Ezio's 。チッパー巡りといっても、あらかじめチェックして買いに行ったわけではなく、町歩き中にたまたま見かけた店ばかりです。






この Ezio's は、以前、ブログで書いたダブリンの名物、The Five Lamps に行く途中に見かけた店。Connolly 駅を通り過ぎて DART の鉄橋をくぐると、すぐ左手にあります。Connolly 駅周辺、以前は見るからにうらぶれた空気が漂っていましたが、最近はちょっと明るい感じになったような気がします。












DSCN4591_20120223021615.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)







店内の様子。 最近のチッパーは、どこもチェーン店系ファストフードみたいな、カラフルなメニューボードを使ってます。 ここはテイクアウェイ専門なので、店内には椅子もテーブルもありません。チップスが揚がるまで 5 ~ 6 分ってトコですが、椅子がないのでメニューボードをしげしげと眺めたり、窓際でボケーっとして待つ。











DSCN4593_20120223021614.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)







あちこちの店で使っている、この紙袋。内側がパラフィン紙のようになっているので、手で持っていても油が染み出て来ることはありません。











DSCN4595_20120223021614.jpg
ⓒ bonovox45 (February,2012)







揚げたてホクホクのチップスは、やっぱり最高に美味しい。値段は 2.5 ユーロ。平均的な値段です。 本日のレートで計算すると 253 円弱ですかね。





上から撮影しているので、量がよく分からないかと思いますが、かなりたっぷり入ってます。私はこれだけで一食済ませるのでガッツリ完食しますが、スナックとしてつまむなら 2 人でシェアしても、ちょうどいいくらい。





… と、こんな調子で、しばらく同じようなチップスの写真だけが延々と続きますが、ご了承ください。味の違いなどレポートできればいいんですが、芋を切って揚げただけなので、基本的にどこも同じ味です。










※ 情報は 2012 年 2 月のものです。






(2012.5.21)

トラックバックURL
http://bonovox45.blog45.fc2.com/tb.php/408-15225cde
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。